特養ホーム 短期入所 通所介護 居宅介護

河辺ふくし会

特養ホーム 短期入所 通所介護 居宅介護
組織概要

組織概要

法人概要

法人名  社会福祉法人 河辺ふくし会
所在地 〒019-2632
秋田県秋田市河辺大張野字水口沢216番地
電話番号 018-882-3516
FAX番号 018-882-4544
代表者 理事長 佐々木 義之
認可年月日 昭和51年5月21日
職員数 60名
役員・評議員定数 理 事   7名
監 事   2名
評議員  8名~14名

運営事業

特別養護老人ホーム河辺荘 TEL 018-882-3516 FAX 018-882-4544
河辺荘短期入所生活介護事業所 TEL 018-882-3516 FAX 018-882-4544
河辺荘通所介護事業所 TEL 018-882-3584 FAX 018-881-1218
河辺荘居宅介護支援事業所 TEL 018-881-1181 FAX 018-881-1218

社会福祉法人河辺ふくし会の歩み

昭和50年代当時、社会状勢の急激な変化と高齢者人口の増加に伴い、老人問題は極めて重要な社会問題となってきていました。旧河辺町においても、老人医療の無料化、ホームヘルパーの設置、敬老祝金の支給等、着々とその施策を講じていましたが、昭和50年6月末において河辺町から他町村の施設に入所されている方は17名、在宅で施設入所を必要とする方が46名の多数にのぼり、住民から老人福祉の充実強化が強くさけばれていました。町民有志はこれを取り上げ、特別養護老人ホーム建設に着手することとなりました。

昭和50年 6月14日 法人設立準備委員会発足
昭和51年 5月21日 河辺ふくし会設立が認可
昭和51年 6月23日 法人設立登記を完了。初代理事長 佐々木義弘氏
昭和52年 4月 1日 特別養護老人ホーム河辺荘開設
昭和54年 4月 1日 在宅寝たきり老人短期入所事業、在宅寝たきり老人等入浴サービス事業開始
昭和56年 8月25日 保阪社会福祉基金補助金による庭園工事竣工
昭和57年 5月30日 屋内消火栓設備工事実施
昭和57年11月30日 全居室カーテン取り付け工事実施
昭和59年 5月 7日 天皇陛下より御下賜金拝受。(4月29日付)
昭和60年12月12日 給食サービス事業開始(旧河辺町社協支援事業・対象者11名)
昭和62年 5月 9日 河辺荘10周年記念式典を施行
昭和62年 7月14日 第1回地域防災会議を開催(地域消防団・町内会長)
平成 2年11月20日 短期入所専用居室増築工事竣工(6床)
平成 4年 1月29日 デイサービスセンター開設
平成 9年 9月12日 河辺荘創立20周年を記念
平成12年 4月 1日 介護保険制度施行され、以下の事業が指定を受け事業を開始
指定老人福祉施設(河辺荘)、河辺荘短期入所生活介護事業所
河辺荘通所介護事業所、河辺荘居宅介護支援事業所
河辺荘訪問介護事業所
平成12年 7月27日 全居室等エアコン設置完了
平成13年 5月29日 理事会において評議員15名、顧問2名を選任
平成14年 6月 5日 初代理事長 佐々木義弘氏死亡
平成14年 6月15日 理事会において、第二代理事長に佐々木 敏氏を選任
平成14年11月 1日 短期入所生活介護事業所定員変更(6床→10床)
平成16年 3月30日 河辺荘通所介護事業所・定員変更(35名→30名)
平成17年 1月11日 秋田市に編入合併
平成19年 4月 1日 介護予防制度始まる(秋田市)
平成19年 6月23日 河辺荘30周年記念式典挙行(プラザクリプトン)
平成22年11月30日 河辺荘スプリンクラー設備設置工事竣工
平成24年 4月 1日 「災害時における福祉避難所の開設等に関する協定書」を秋田市と締結。
平成24年11月16日 職員2名に厚生労働大臣表彰授与
平成26年 4月 1日 河辺荘訪問介護事業所を休止
平成27年12月 1日 河辺ふくし会のホームページを立ち上げ情報の発信開始
平成28年10月31日 特別養護老人ホーム河辺荘鋼製地下タンク改修
平成29年 4月 1日 河辺荘創立40周年
平成30年 4月 1日  秋田市介護予防・生活支援サービス事業第一号事業者の指定を受ける
(河辺荘通所介護事業所・第一号通所事業)
平成30年 6月15日 第二代理事長 佐々木 敏氏退任
第三代理事長に佐々木 義之氏を選任
 平成31年 1月31日 河辺荘訪問介護事業所を廃止
令和 元年 4月 1日  特別養護老人ホーム河辺荘内部・機械設備・電気設備改修工事着工
令和 元年 6月 1日  公益財団法人JKAオートレース補助事業による特別養護老人ホーム河辺荘外壁及び屋根防水補修工事着工
令和 元年 9月30日 特別養護老人ホーム河辺荘内部・機械設備・電気設備改修工事完了
令和 元年 9月30日  公益財団法人JKAオートレース補助事業による特別養護老人ホーム河辺荘外壁及び屋根防水補修工事完了
令和 3年 6月 1日 給食業務の外部委託開始

法人理念

河辺ふくし会は「住み慣れた地域に終の棲家を・・」との思いから、旧河辺町民有志が立ち上がり、設立に至りました。昭和51年6月23日のことです。時の経過と共に様々な変遷がありました。ただ、時代がどのように変わろうとも、私たちは法人の理念を活動の基本として歩みます。

基本理念

当法人は、老人福祉法の基本的理念を礎に、介護保険法の目的を達成するため、研鑽努力し、常に改善に努め良質かつ安全で安心なサービスを提供することを基本理念とします。

法人職員心得7訓

  1. 私たちは「ご利用者の全人格を受容する」ことに努めます
  2. 私たちは「ありがとう」の言葉を伝えることに努めます
  3. 私たちは「自らを変える」機会をつくることに努めます
  4. 私たちは「ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)」を業務の基本とします
  5. 私たちは「学ぶ気持ち」を大切にします
  6. 私たちは「仕事の価値」を見いだすよう努めます
  7. 私たちは「心の痛み」を感じる職業人になるよう努めます
河辺ふくし会ページトップへ