特養ホーム 短期入所 通所介護 居宅介護

河辺ふくし会

特養ホーム 短期入所 通所介護 居宅介護
新型コロナウイルス感染症の発生についてのご報告(第二報)

新型コロナウイルス感染症の発生についてのご報告(第二報)

 平素より、社会福祉法人河辺ふくし会に対して、ご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、7月27日に特別養護老人ホーム河辺荘において、新型コロナウイルス感染症が発生したことをご報告させていただきました。
感染症発生後より全職員で拡大防止のため対策を講じておりましたが、その後も感染が拡大してしまい、7月29日にはクラスター(感染者集団)となりました。
クラスターが発生したことにより、併設事業所のデイサービスセンターも、ご利用者およびご家族への説明とご理解の上、7月28日から8月7日まで休館としました。
 新型コロナウイルスという経験の無いウイルスに立ち向かうには、私たち職員のみではなく専門分野からの適切な支援が必要と考え、8月1日に秋田県コロナ医療支援チーム(ACOMAT)に支援の要請依頼をいたしました。
翌2日にACOMATの医師が来荘し、施設内の感染状況および現在の感染予防対策の仕方等を確認したのちに、今後の感染予防対策についてのご指導をいただきました。
8月4日時点での感染者は、職員5名、ご利用者17名の計22名です。
感染が確認されたご利用者及び職員は全員快方に向かっております。
 今後も医療支援チームの皆様のご指導のもと、職員一同、ご利用者並びに自らの感染予防のため努めて参る所存です。
 ご家族様、関係事業所、関係機関の皆様には、大変ご心配とご迷惑をお掛けしております。

河辺ふくし会ページトップへ